心配な方は弁護士事務所へ

男性

排斥期間が重要です

B型肝炎訴訟が話題になったことを受けて、近年、弁護士さんのもとへこの問題について相談に訪れる方が増加しています。B型肝炎訴訟は集団予防接種で注射針が消毒処理されず、使い回しされていた事により、肝炎ウイルスに感染してしまった事による訴訟問題です。対象患者には、給付金という形で救済が実施される事が国により決定されましたが、給付対象者が知っておくべき注意事項も存在します。まず、B型肝炎訴訟では排斥期間が設定されています。排斥期間とは、定められた期間内に権利行使が行われないと、権利が消滅したり給付金が減額されたりするなどの、期間のことです。B型肝炎訴訟での排斥期間は、肝炎の症状が出て病院で発症していることが確認されているかにより、変わってきます。症状が出て病院により発症が確認された日を起点とし、その日から20年以内に訴訟を起こさないと給付金が減額されてしまいます。でも、B型肝炎訴訟では発症から20年を過ぎても、減額はされますが給付権利が消滅する事はありませんので、心配いりません。また、症状が現在、出ておらず発症は確認されていませんが、B型肝炎ウイルスが体内に潜伏している状態の方を、無症候性キャリアといいます。このような方も給付による救済措置が受けられ、このケースでは集団予防接種を受けた日を排斥期間の起点とします。20年が経過しており、まだ、症状が出ていないから訴訟を起こさなくても良いと考えるのは間違いです。B型肝炎ウイルスはいつ発症するか分からない以上、発症に備えてB型肝炎訴訟を進めておくことが重要です。とりあえず、気になる方は弁護士さんに相談されてはいかがですか。多くの弁護士事務所では無料相談を実施していますし、ホームページで給付対象者かを診断シミュレーションできますので、活用しましょう。