信頼できる弁護士に相談

婦人

増額できる可能性も

交通事故は毎日のように発生していますので、誰がいつ巻き込まれてもおかしくありません。そして、運悪く被害に遭ってしまった場合は、加害者側から慰謝料を受け取ることもできますが、この場合も十分な慰謝料を獲得している人もいれば、被害が大きかったにかかわらず、それに見合う慰謝料が得られていないという人もいます。治療費はもちろん、入院費や仕事ができない間の生活のことなどもありますので、安心して治療に専念するためにも、しっかりと慰謝料を獲得しておきたいところです。交通事故の慰謝料は3つの基準があり、交通事故が起こった場合はまずは自賠責保険基準での保険金が支払われることとなりますが、この場合は最低限の補償基準ですので3つの基準でも特に低い基準です。そして、自賠責保険だけではカバーできない部分は任意保険基準でカバーされることとなりますので、より多くの慰謝料を獲得できることとなりますが、保険会社により基準も違いますし、他と比べることも難しいものもあります。任意保険基準でも満足な慰謝料が獲得できない場合は弁護士に相談することも考えてみてはいかがでしょうか。弁護士基準では交通事故の裁判の判例を基準としており、実際に出された判決を基準としていますので、3つの基準の中でも特に多くの慰謝料を獲得できるとされています。そして依頼する際も、できるだけ交通事故に詳しく、豊富な実績を持つ弁護士に依頼することが大事です。弁護士は全国で多く活躍していますが、得意とする分野には違いもありますので、相談前にはどのような問題の解決を得意としているのかはよく調べておきましょう。