概要と費用について

ジャッジガベル

病状と給付金

B型肝炎は肝臓疾患の一種で、B型肝炎ウイルスが血液や体液を媒介にして感染する肝臓の病気です。日本国内の推定患者数は百十万人から百四十万人で、その内の四十万人弱が集団予防接種の際に注射針を使い回した事で起こった集団感染である事が確認されています。B型肝炎には二つのタイプが存在し、急激に症状が出て暫くすると沈静化する一過性感染と、生涯に渡って症状が続く持続感染があります。持続感染の大半が母子感染であり、その原因となっているのは、前述の集団予防接種です。この集団予防接種は国策によって行われました。現在では国が責任を認めており、予防接種が原因でB型肝炎を発症した患者、及び母子感染者には給付金が支払われています。給付金を受け取るには訴訟をする必要があります。B型肝炎患者が本当に集団予防接種で感染したのか、裁判所に判断してもらう為です。B型肝炎訴訟は弁護士を介在させず、単独で訴訟する事もできます。しかし、専門的な事務手続きや控訴資料を作成する手間を考えると、専門家の力を借りるのは最も無難な方法です。B型肝炎訴訟を専門とする弁護士事務所も存在しますので、弁護士自体は簡単に見つかります。弁護士費用も国が一定の割合で補助してくれるので、通常と比べて負担も軽くなります。訴訟から和解までの期間は平均して一年程度です。早ければ半年程度で和解に至ったケースもあります。弁護士費用は給付額の四パーセントが相場と言われています。